スキだらけの人生。それでもいいぢゃない。

by de-paso
 
カテゴリ:LOMO LC-Aの塗装( 5 )
 
LC-Aを塗ってやる!*その5〜完成!〜*
関連記事
こんな色のLC-AがあったらばLC-Aを塗ってやる!*その1*その2その3その4



c0012868_22165239.jpg

完成しました。しちゃいましたw

自分で作っておいてなんですが、ホワイティーなロモはありでしょ!w
予想以上にしっくりハマってますよね?
革も“生き物系”な柄を避けたかったけど、そんなに違和感もないようだし・・・

まぁ成功って事で良いでしょうか皆さん?w


劇的ビフォーアフターちっくに手術前と後を比べると・・・

c0012868_22235441.jpg

c0012868_22243364.jpg

c0012868_2225322.jpg

c0012868_22255675.jpg

キレイになるもんですね。
美容整形と相通じるものがあるなと思いましたw

仕上げにした事は。
距離&絞りレバーの白線引き直し(黄ばんでいたので)
マスキングで剥がれた塗装部分を塗り直し。
フロントカバーのネジの緩み防止としてネジ上から塗装。
くらいです。

作り始めた時はどうなる事かと思いましたが、根気さえあればどうにかなりますw
是非LC-A持っている方にはチャレンジして欲しいです。
そして俺と同じ苦労を味わって下さいw

まぁ完成して満足してるんですけど、最も重要な問題は使えるか使えないかってとこなんですけどねw



これ、ヤフオクに出品したらいくらの値がつくだろうか・・・w
[PR]
by de-paso | 2005-06-08 22:37 | LOMO LC-Aの塗装
 
LC-Aを塗ってやる!*その4*
関連記事
こんな色のLC-AがあったらばLC-Aを塗ってやる!*その1*その2その3



「あ〜あ、なんかもうオマエ飽きた」
なんて、交際中の女性に言ってみたいと思っても、現実コバンザメくらい必死にしがみついてるナカト@捨てないで・・・ですw

いやね、正直ちょっと飽き始めてますよLC-Aの塗装。
見てる人はもっと飽きてるか・・・こんな何日間も同じような行程見せられてなw
すいません、もう少しの辛抱です・・・自分にも言い聞かせてるんで旦那の夜ばい程度に大目に見てやって下さい・・・

今日は塗装が完全に乾きましたので、マスキングを全て剥がしました。
c0012868_2357436.jpg

X接点等の金属部は塗装が少しかぶっても簡単に削れるので少しかぶるくらいが良いでしょう。
ちなみに前回書いたゴム系のマスキングは剥がすと回りの塗装も一緒に剥がしてしまい、正直失敗ですw
やられた・・・


で、仮組です。
これで一応の全貌は見えて来ます。
c0012868_001825.jpg

おぉ〜・・・いいじゃん(含み笑い)w

とりあえず仮組で問題は見つからなかったので、外装を再び外し仕上げにかかります。

仕上げは、塗装面の凸凹を1500番くらいの耐水ペーパーで優しく研いでならし、全体にならしたら仕上げ用のコンパウンド(研磨剤)でちまちまと磨いていきます。
この行程は別にしなくても良いと思うけど、やるとやらないとでは塗装の光沢が全く違うので、やった方が満足度高いですw

磨き終えたら、距離&絞りのプレートを貼り直し、あらかじめプリントアウトした【LOMO】&【LC-A】のステッカーを貼ります。
c0012868_065913.jpg

とりあえず今回貼ったステッカー(転写シート)は試しに貼ってみたのですが、どんなフォントにしようか迷ってます。
手書きっぽい書体の方がいいかな?と考え中。
何かこのLC-Aに合うフォントがありましたら教えて下さいw


ちなみにコンパウンドで磨くとこのくらいピカピカになります。
c0012868_010276.jpg

シャッターボタン周辺の光沢に注目w

ゴム系のマスキングにはやられたけど、塗装面は非常に良く塗れました。
一安心ですw

それとホワイティーに貼る革はもちろんAki-Asahi.comさんに発注したのですが、自分のイメージに近い革色“合皮ダークブラウン”が品切れ中という事が発覚w
とりあえず裸ん坊だと辛いので本革リザードダークブラウンを注文しました。
ついでにモルトも劣化気味なので注文しておきました。

ついに次回(問題なければ)完結ですw


備考
組み上げる前に問題のcbs受光部のハンダ付けをし直したところ、一応プログラムオートが正常に機能しているようです。
でもシャッターは開いたり開かなかったり・・・
完成しても使えるのかコイツ・・・(汗)
[PR]
by de-paso | 2005-06-08 00:23 | LOMO LC-Aの塗装
 
LC-Aを塗ってやる!*その3*
関連記事
こんな色のLC-AがあったらばLC-Aを塗ってやる!*その1*その2



皆様の期待と裏腹に不安イッパイなホワイティーLC-Aへの道ですw
今回は下地〜塗装です。

塗料がついて欲しくない部分をマスキングします。
c0012868_1237527.jpg

フィルムカウンター、cbs受光部、感度確認窓は透明なので、表面はもちろん裏側もマスキングすると良いでしょう。
X接点も必ずマスキングしておきましょう。

それと写真には載ってないのですが、フロントカバーの距離&絞りのシール(プレート)は必ずマイナスドライバー等で外しておき、接着面を少しだけマスキングしておきます。
そうすると、塗装が終わり元に戻す時に接着が楽になります。

フィルムカウンター等に緑の物体が貼ってあるのは、乾くとゴム状になり簡単に剥がれるマスキングの一種です。
丸い所等をマスキングするのに便利だと思い今回初めて使用してみました。


マスキングが完了したら、塗装の下地となるサーフェーサー(溶きパテ)を吹いていきます。
c0012868_12442950.jpg

下地を塗ると、上地の色が塗り易くなったり、塗装が剥がれ辛くなったりしますが、塗りすぎると塗装が厚くなり組立てる時に悪影響を及ぼす可能性があるので気をつけましょう。
黒いLC-Aを白くするのですから下地はきちんと塗らないと白くならない可能性があるので、塗り残しのないようしっかりやりましょう。
塗装が厚くなる事を避けたいので下地は1度塗りにしました。

ちなみに塗装する時は、写真のようにペットボトルに両面テープで固定すると塗り易いです。

下地が完全に乾いた事を確認し、色を塗ります。
c0012868_12493757.jpg

今回使用する色は、田宮模型のラッカー系スプレーの【レーシングホワイト(つやあり)】です。

一気に塗るより、少しづつ2〜3回に分けて吹き付けると良いです。
1度塗ったら完全に乾かし、2度目を塗るって感じです。
待ちきれなくて乾く前に塗ってしまうと、完成後も生乾きという最悪な結果が待ってますw

で、同じ要領でクリアーも吹いておきます。
クリアーを吹くと、光沢&塗装面に深みが出ます、そして塗装面の保護にもつながるので出来るだけ吹いておきましょう。

今回は下地1回、色2回、上地(クリアー)3回って感じで塗りました。
全て田宮模型のラッカー系スプレーを使用しました。

ちなみに、この行程だけで2日半程かかりました・・・
でも塗装を焦ると本当に最悪の仕上がりになるのでマターリとやりましょうw

次回は、仮組〜塗装仕上げです。


追伸
そろそろ自分自身飽きてしまいそうになってますw
[PR]
by de-paso | 2005-06-07 13:06 | LOMO LC-Aの塗装
 
LC-Aを塗ってやる!*その2*
関連記事
こんな色のLC-AがあったらばLC-Aを塗ってやる!*その1*


そんなワケでホワイティーなLC-Aに向けて今日やった事は・・・
c0012868_0432044.jpg

分解しました。

外装の外す順番は【フロント→トップ→アンダー→裏蓋】の順番で分解すると楽です。

トップカバーを外してみたら、cbsから伸びる配線がファインダー上の基盤で外れかかっているのを発見。
おそらくコレがプログラムオート不具合の原因(だったらいいなw)だと思うので後でハンダ付けし直したいと思います。

c0012868_2124471.jpg

外したネジ類は、フィルムケースのフタに入れておくと組立てる時に間違えたりしないと思います。

外装外されるとLC-Aだってわからんねw

c0012868_2165299.jpg

外装の塗装を400番くらいの耐水ペーパー(紙ヤスリ)で削り落とします。

ここまでやってしまったら、もう後には戻れません・・・

TAMIYAから発売されているプラモデル用の耐水ペーパーセットを400番〜2000番まで用意すれば、下地作り〜仕上げまで使えます。

とりあえず、今日やった事はここまで。
次回は下地作り〜塗装です。


しかし、コレ読んで「自分もやろう」と思う人はいるのでしょうか?w
今更ながら、ちょっと後悔し始めている自分がいます・・・(汗)
[PR]
by de-paso | 2005-06-06 02:24 | LOMO LC-Aの塗装
 
LC-Aを塗ってやる!*その1*
ホワイティーなLC-Aを制作するために友人からジャンク品として落札したLC-Aを譲り受けて来ました。

c0012868_23203312.jpg

ボ、ボロ過ぎですw
ボロと言うか汚い!

白い部分が全て黄ばんでます。
こんな黄ばみは小学校時代の同級生の増田くんのパンツのシミ以来です。

このLC-A、革剥がれてるし・・・サビてるし・・・
今回の塗装に重要な外装も目立つ傷がちらほらと・・・

とりあえず、この個体自体が使用可能かをチェックしてみたところ、レンズは綺麗なのですが、プログラムオートの精度が曖昧な事と、シャッターの開閉にもばらつきがある事が判明。
シャッター開いたり、開かなかったりw

まぁ使用に関しては期待はしていなかったので、これで良しとします。
本体の方は後々部品取り用として活用したいと思いますw

で、問題の外装なのですが、落札した時からLOMOのロゴと、LC-Aのプリントがありませんでした。
c0012868_23531569.jpg

よく見ると意図的にヤスリで削った形跡が・・・
以前のオーナーも塗ろうとしたのでしょうか?

剥がれていた革も本来LC-Aに貼られている革でない事も判明。
完全に前のオーナーはこのLC-Aを改造する気だったのでしょう。
考える事は同じだなw

とりあえず今日はこれから分解し外装を全て外し、明日塗装に必要な品々を買いに行って来ます。主にプラモ屋にw


これから完成するまでレポートしますのでよろしくお願い致しますw


備考
MacにもYahooメッセンジャーをインストールしてみましたので、珍獣(俺)とリアルタイムに接してみたい不幸な方は友達リストに追加してやって下さいw
IDは【depaso_jp】です。
主な生息時間帯は22:00〜2:00頃ならたいがいいると思います。
見かけたら捕獲して下さい。ようは暇なんです毎晩w
[PR]
by de-paso | 2005-06-04 23:57 | LOMO LC-Aの塗装


カテゴリ
全体
about
LOMO LC-A
LOMO SMENA8M / 35
HOLGA 120FN
FisheyeCamera
ColorSplashCamera
SuperSumpler
FED-2 type-b
OLYMPUS PEN EE-3
OLYMPUS PEN D-3
OLYMPUS TRIP35
Nikon D70s
Nikon Us
Konica C35AF
Yashica Electro35*壊
PinholeCamera
Plamodel Camera*壊
SONY DSC W-1*壊
日常的写真
使用カメラ
ケイタイ*ニッポウ
音*映*本
衣*食*住
VJ&PARTY...
LOMO LC-Aの塗装
つぶやき
以前の記事
トモダチ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧